全世界に向けて死刑制度廃止を訴えるコロッセオ

クリスマスのコロッセオ

クリスマスのコロッセオ
 

ローマのコロッセオといえば、知らない人はいない世界的なシンボルでもある歴史的建築物です。1980年に文化遺産として「ローマ歴史地区」と共に世界遺産のリストに登録されました。古代ローマ帝国時代には円形闘技場として、政治への関心や批判から目をはぐらかすためにローマ市民に無料でエンターテイメントを提供する場として使用されていたようです。映画や小説などでもグラディエーターが猛獣と戦う姿などがたくさん取り上げられていますよね。現在では絶対に外せない人気ナンバーワンの観光スポットとして、未だ威厳のある風格を保っています。建築は西暦80年ということですから、1900年以上も前に建てられたというのは圧巻です。

 

そんなコロッセオですが、実はローマ市民にもあまり知られていないエピソードがあります。

ローマ市では、全世界の死刑執行反対の立場をとっており、1968年に第二バチカン公会議の結果創立されたキリスト教市民団体、聖エジディオ共同体が筆頭となり、毎年11月30日をシティズ・フォー・ライフの日「Cities for Life – Cities against the Death Penalty」として全世界の死刑制度廃絶を訴えています。毎年この日には、全世界の参加都市では、アムネスティー・インターナショナルとの共催で、歴史的建造物や街のモニュメントのライトアップが行われます。聖エジディオ共同体が生まれたローマでは、コロッセオのライトアップが行われるんです!!その年によって変わりますが、「死刑制度廃絶を訴える全世界に向けた光のメッセージ」ということで、普段は見れないほど輝くコロッセオの姿を見ることが出来ます。11月30日にローマを訪れる方は、ぜひコロッセオのライトアップを見に行ってくださいね。

 

聖エジディオ共同体、シティズ・フォー・ライフの日について詳しく知りたい方は、英語のHPがあります。

聖エジディオ共同体 http://nodeathpenalty.santegidio.org/en.aspx

 

 

Colosseo
住所:Piazza del Colosseo, 1, 00184 Roma
電話番号:06 3996 7700
開館時間:
URL:http://www.archeoroma.beniculturali.it/en/archaeological-site/colosseum

チケットはこちらの公式サイトから購入できます→  http://www.coopculture.it/en/colosseo-e-shop.cfm
(開館時間は頻繁に変わりますので、上記のチケット購入ができる公式サイトから必ず確認するようにしてください。)
2014年の最新チケット購入、入館に関しての詳細情報は別記事にまとめてみます。

行き方:
<地下鉄で>
B線 コロッセオ下車(改札を出るとすぐ目の前です♪)
<バスで>
75番、81番、673番、175番、204番
<トラムで>
トラム3番

 


Visualizzazione ingrandita della mappa

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someonePrint this page

rika

投稿者プロフィール

2003年イタリア人と結婚後イタリアに移住。日本とイタリアでテレビ業界並びに現地企業でのエグゼクティブ・アシスタントの仕事を経て、独立。現在はフリーランスで様々な分野のコーディネーターとして活躍中のフォルミカ理香です。イタリア語、スペイン語、英語堪能な帰国子女。旅行、食べること、ルブタンの靴が大好き。ちょっと可愛いユニコーンのアイテムをコレクションしています。現地在住ならではのディープなイタリア情報を発信中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらからのご注文で送料無料!

イタリアで携帯

イタリア特集最新号

CREA Traveller 2016年冬号「憧れのリヴィエラ。イタリア・奇跡の海岸へ」


ローマ美食散歩


CREATraveller完全保存版 アマルフィ海岸とトスカーナ 「最も美しいイタリアへ」

ローマお勧めアパート

Roma-to-Firenze
2016年9月29日現在、オーナーのフランカさんの都合により一時予約受付を中止しています。また再開次第ご案内させていただきます。

格安旅で節約しよう!

  1. イタリアまで飛んでいる航空会社
  2. ノウェージアンエアライン
  3. モナークエアライン
ページ上部へ戻る