ローマのミシュラン一つ星レストラン、『The Corner』

2017年度版ミシュランで見事一つ星を獲得

『The Corner』 by Marco Martini

ローマと言えば、食に関してはまだまだ保守的というイメージがありますが、最近はミラノにも負けない個性的なレストランが軒並みオープンしています。2017年度版ミシュランで見事一つ星を獲得した若手シェフ、Marco Martini氏のThe Cornerもその内の一店です。チルコ・マッシモ競技場から程遠くないアヴェンティーノ通りの一角にあるレストランは、その名の通り角地に立っていることから、The Cornerと命名されたとか。近くには大勢の職員を抱えるFAO(国連食糧農業機関)の本部などがあり、ランチタイムともなると界隈はとっても国際色豊か。春夏などにはカフェのテラスで英語が飛び交う中、ランチタイムのお喋りに花を咲かせる職員らの姿も見受けられます。地下鉄B線、チルコマッシモ駅から徒歩5分程度の大通り沿いにあります。ここから丘を登ると、高級住宅街となり、素敵なローマのお屋敷を垣間見ることができます。


お店の雰囲気


レストランは、ローマの中心地にありながら、比較的落ち着いた地区にあるため、「観光客ばかりのレストランは嫌だけど、あまり気取った店に行くのもちょっと・・・」、という時に重宝します。店内は、ここはローマ?と思わず目を見張ってしまうモダンさ。ニューヨークのロフトを思わせるガラス張りの作りになっていて、テーブルの感覚や、レイアウトも余裕を持って空間を取っているため、隣のテーブルに気兼ねなくゆっくりと食事をすることができます

入り口すぐそばにはソファー席もあり、私が利用した際にはお洒落な初老のイタリア人カップルが利用していました。残念ながら利用したのがミシュラン一つ星を取ってすぐの冬の時期だったので、テラス席はクローズしていましたが、春夏にはテラス席でのお食事も雰囲気があって素敵ではないでしょうか。ローマの夏は、夜は湿度もなく過ごしやすい日が多いので、屋外のディナーもお勧めです。

 

料理、メニュー

このレストランの目玉は、何と言ってもランチタイムのプリフィクスメニューです!

ローマではこのような形でランチを提供する店はとても少ないのですが、ここ、The Cornerでは、月曜から金曜まで平日の昼に限り、2皿18ユーロという破格(飲み物、デザート、パン代別)で夜のディナータイムと変わらぬクオリティーの料理を楽しむことができます。写真は2皿のプリフィクスメニューの1皿目のパスタ。

定番のカルボナーラとミントが程よく効いたメッザ・パッケリのデリケートな魚介風を一品ずつチョイス。もちろん、二人分です😊 カルボナーラは、塩加減がちょうどよく、他店に比べ日本人の胃袋には優しいデリケートなお味でした。


イタリア人は基本的にガツンとした味が好きなので、日本人の私たちにはちょっと味が濃い、と感じられることもあるのですが、Marco Martiniシェフの料理は、ちょうどその中間をとるような感じです。メッザ・パッケリも、とてもデリケート。ちゃんと魚介のブロード(ブイヨン)を取って、丁寧に下準備されたのが分かります。ふわっと香るムール貝の香りとともにいただきました。

そして、プリフィクスメニューの2皿目。


ちょっと時間が経ってしまったので、うろ覚えなのですが、上の写真は、サーモンタルタルがピスタチオのクリームと共にカリカリのクレープに巻かれたもので、またまたとてもデリケートなお味でした。チコリーの苦味と地中海サーモンの甘みが、ちょうどピスタチオのクリームで調和される感じでしょうか。不思議な味でしたが、全く嫌味じゃないんですね。


そしてこちらがローストビーフのタタキ風。最近、イタリアンの店でも、TATAKIとそのまま書いて、日本のタタキを真似た料理が出されることがよくありますが、Marco Martiniシェフはちゃんと本物の日本の牛のタタキを食べたことがあるんでしょうね、ソースがありがちな「もどき」ではなく、ちゃんと日本のゆずしょうゆ風でした。肉の素材自体の甘みもしっかりと味わわせる一品。これは必ずリピートしたいですね。

Marco Martiniシェフの料理は、イタリアンを基本とした創作料理で、ちょうどスノッブと庶民派の中間、モダンと伝統の中間と言うのでしょうか。イタリア創作料理だけど、最近よくあるフランス料理に偏ったイタリア創作料理とは違いて、イタリア料理の真髄を大切にしているところがとても好みでした。個人的にはどこまでもアートを追求する奇抜な創作料理は苦手なので、彼の大ファンになってしまいました!

今回友人と試したランチのプリフィクスメニューはお手軽にいただけますが、夜は少し値段が張ります。ただ、夜の雰囲気も見てみたい気がするので、ぜひ試してみようと思います。このまま念願であったミシュランの星をキープし続けてもらいたいものです。

レストランにはブティックホテルもレストランに併設しているので、アヴェンティーノ界隈に滞在しがてら、食事に行くのもいいかもしれませんね。レストランからは、ローマ中心部が見渡せるオレンジの庭園と、ヴァチカンのクープラが鍵穴から見えるという、マルタ騎士団の鍵穴が目と鼻の先です。

 

お店の詳細

The Corner by Marco Martini

営業時間: 12:30 – 15:00、19:00 – 23:00
定休日:日曜日
住所:Viale Aventino, 121, 00153 ROMA
電話:+39 06 4559 7350
WEB : http://thecornerrome.com/restaurant
行き方:地下鉄B線チルコ・マッシモ駅下車徒歩5分、もしくはバス75番、673番「Aventino/Albania」停留所下車

Tweet about this on TwitterShare on Facebook17Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someonePrint this page

rika

投稿者プロフィール

2003年イタリア人と結婚後イタリアに移住。日本とイタリアでテレビ業界並びに現地企業でのエグゼクティブ・アシスタントの仕事を経て、独立。現在はフリーランスで様々な分野のコーディネーターとして活躍中のフォルミカ理香です。イタリア語、スペイン語、英語堪能な帰国子女。旅行、食べること、ルブタンの靴が大好き。ちょっと可愛いユニコーンのアイテムをコレクションしています。現地在住ならではのディープなイタリア情報を発信中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • rika
    • 2017年 4月 06日

    Thank you Eliana! This restaurant is actually superb! Am sure you’d love it

    • Eliana
    • 2017年 4月 05日

    Very nice!!! Looking forward to come to Rome!
    Thanks for your nice tips! 🙂

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらからのご注文で送料無料!

イタリアで携帯

イタリア特集最新号

ELLE JAPON (エル・ジャポン) 2016年 11月号 イタリア総力特集号【イタリアに夢中!】


ELLE JAPON (エル・ジャポン) 2016年 11月号 トラベルサイズ【イタリア・グルメの旅】

FIGARO VOYAGE vol.35 ミラノ、ヴェネツィア、北イタリア巡り。(美食もアートも手仕事も! )【イタリア旅行ガイドブック】


ローマ美食散歩:ローマで美味しいものを食べるためのバイブル!


CREATraveller完全保存版 アマルフィ海岸とトスカーナ 「最も美しいイタリアへ」

ローマお勧めアパート

Roma-to-Firenze
2016年9月29日現在、オーナーのフランカさんの都合により一時予約受付を中止しています。また再開次第ご案内させていただきます。

格安旅で節約しよう!

ページ上部へ戻る