ヨーロッパの失業率ワーストランキング:イタリアは何位?

ヨーロッパ諸国の中でも、失業率が高いことで悪名の高いイタリア。

比較的ヨーロッパの中では経済が安定しているオランダ、ドイツ、ルクセンブルグの失業率が2012年以降10%以下、5%~7%台をキープし続けている傍ら、イタリアの失業率は2013年11月、12.7%を記録しました。

ローマの公共職業安定所

ローマの公共職業安定所前の長蛇の列
 

ヨーロッパ圏内では、イタリアはギリシャ、スペイン、キプロス、ポルトガル、スロヴァキア、ブルガリアに次ぐワースト7位。街中でお茶をしていても、隣の席から聞こえてくる会話は失業がらみの話が多いのも頷けます。2010年から2011年の1年間のみ、一旦は下降傾向にあったものの、基本的には2007年から右肩上りで失業者は増え続け、2011年4月から2013年11月までに失業率は5%も増加しています。この国に住む者としてイタリアの今後がちょっと心配です・・・。ギリシャのようにならなければいいのですが。

 

ヨーロッパの失業率ワーストランキング

1位 ギリシャ    27.8%(2013年10月のデータ)
2位 スペイン    26.7%
3位 キプロス    17.3%
4位 ポルトガル   15.5%
5位 スロヴァキア  14%
6位 ブルガリア   12.9%
7位 イタリア    12.7%
8位 アイルランド  12.3%
9位 ラトヴィア   12%(2013年9月のデータ)
10位 リトアニア   11.3%
11位 フランス    10.8%
12位 ポーランド   10.2%
13位 スロヴェニア  9.9%
14位 ハンガリー   9.5%(2013年10月のデータ)
15位 エストニア   9%(2013年10月のデータ)
16位 ベルギー    8.4%
17位 フィンランド  8.4%(2013年12月のデータ)
18位 スウェーデン  8%
19位 ルーマニア   7.3%
20位 イギリス    7.2%(2013年10月のデータ)
21位 チェコ共和国  6.9%
22位 デンマーク   6.9%
23位 オランダ    6.9%
24位 マルタ     6.4%
25位 ルクセンブルグ 6.1%
26位 ドイツ     5.2%
27位 オーストリア  4.8%

(2014年1月23日EUROSTATデータより)

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someonePrint this page

rika

投稿者プロフィール

2003年イタリア人と結婚後イタリアに移住。日本とイタリアでテレビ業界並びに現地企業でのエグゼクティブ・アシスタントの仕事を経て、独立。現在はフリーランスで様々な分野のコーディネーターとして活躍中のフォルミカ理香です。イタリア語、スペイン語、英語堪能な帰国子女。旅行、食べること、ルブタンの靴が大好き。ちょっと可愛いユニコーンのアイテムをコレクションしています。現地在住ならではのディープなイタリア情報を発信中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらからのご注文で送料無料!

イタリアで携帯

イタリア特集最新号

CREA Traveller 2016年冬号「憧れのリヴィエラ。イタリア・奇跡の海岸へ」


ローマ美食散歩


CREATraveller完全保存版 アマルフィ海岸とトスカーナ 「最も美しいイタリアへ」

ローマお勧めアパート

Roma-to-Firenze
2016年9月29日現在、オーナーのフランカさんの都合により一時予約受付を中止しています。また再開次第ご案内させていただきます。

格安旅で節約しよう!

  1. ウィズエアー
  2. ヨーロッパの格安航空会社
  3. europe-countries
ページ上部へ戻る