ローマ郷土料理ならテスタッチョ地区でしょう!

2020-1-8

すっかりクリスマス、お正月気分も吹き飛び、
ヴァカンスムードも何処へやら。
ローマの街にも普段の喧騒と
おきまりの渋滞が戻ってきました💦

今日は、EUの官僚を目指しているイタリア人の友人が
リヴォルノから彼女を連れてローマを訪れていたので、
ディナーに何を食べたい?と聞くと、
「こってこてのローマ料理!!」とのこと😃

というわけで、
正真正銘のローマ料理を食べに行きました‼️

パートナーは生まれも育ちもローマ、
生粋のローマっ子なので、
当然ながらローマ料理にはうるさいのですが、
実はコテコテのローマ料理はあまり得意ではないようで(笑)
家でローマ料理を作って食べることは実はあまりなかったりします。

それでも、外食となると話は別🔥

ローマ料理をいただくのはB級グルメの激戦区、
テスタッチョ地区のトラットリア、と決まっています。
その昔屠殺場があったテスタッチョ地区には、
Felice(フェリーチェ)、
Agustarello(アグスタレッロ)、
Lo Scopettaro(ロ・スコペッターロ)、
Da Bucatino(ダ・ブカティーノ)などの
昔ながらの有名店が勢ぞろい💕

個人的な好みとしては、
Felice(フェリーチェ)が一番好きなのですが、
今回は、直前だという事もあり、
Felice(フェリーチェ)は予約が取れず、
Agustarello(アグスタレッロ)へ。
実はローマ料理はどの店で何を食べても美味しい、
というわけではなく、
その店ならではの必殺メニューが必ずあります😎

今回行ったAgustarello(アグスタレッロ)。
ここのオススメは、
何と言っても
Coda alla Vaccinara
(コーダ ・アッラ・ヴァッチナーラ=オックステールの煮込み)
です。家で作ってみるとよくわかるのですが、
ものすごく難易度の高い料理です。
長年この店に通っている一緒に行った友人によると、
この店ではカカオ・アマーロ(ビターココア)を
隠し味に使用しているのだとか。
とにかく、ほろほろっと落ちるような肉の柔らかさ、
臭みのない完全なる香草類とブロードのハーモニーには
毎回感動します。
ぜひ一度試してみてくださいね😃

こってこての内臓系ローマ料理を得意とする
テスタッチョ地区のこれらの店は、
どの店も最近は2回転しているので、
19:30-21:30、21:30-23:00の
どちらかの時間帯の
予約しか取れない日が多いので要注意です‼️

Agustarello a Testaccio
住所:Via Giovanni Branca, 100, 00153 Roma RM
電話:06 574 6585
https://www.facebook.com/agustarellodal1957/

こちらからのご注文で送料無料!

イタリアで携帯

イタリア特集最新号

Crea Traveller Winter 2019:世界美術館の旅

地球の歩き方 『2019-2020最新号』

Crea Traveller Summer 2018:南イタリアの誘惑

婦人画報2018年6月号『絶景クルーズ特集:船旅の準備は完璧に!』

CREATraveller完全保存版 アマルフィ海岸とトスカーナ「最も美しいイタリアへ」

イタリア関連オススメ本

ローマ美食散歩:ローマで美味しいものを食べるための必見本!

フィレンツェ美食散歩:フィレンツェでぜひ食べたいもの満載の美食バイブル

イタリア全国スローフードな旅ガイド

太陽と海とグルメの島 シチリアへ:シチリア島旅行のヒントが満載

『ことりっぷ イタリア最新版』:地元女子気分でのおさんぽから、ちょっぴり贅沢なレストランまで、女性に向けた海外ごほうび旅のガイドブック

イタリア無料Wi-Fi特集

ローマお勧めアパート

Capranica

2018年6月10日より、ローマから車で1時間の中世の町、カプラニカにあるカントリーハウスを貸し出し中です。イタリアで田舎生活を体験してみたい方にぴったりです✨

Roma-to-Firenze

2016年9月29日現在、オーナーのフランカさんの都合により一時予約受付を中止しています。また再開次第ご案内させていただきます。

格安旅で節約しよう!

ページ上部へ戻る