イタリア人で日本に行きたい人も多いけど、日本の厳しいコロナ規制がネックに

2022-9-9

ローマ

大いに活気付くローマの街中✨

9月7日から
日本の新型コロナ水際対策が
緩和されましたね‼️

ワクチンを3回接種していることが
条件だそうですが、
これまで日本が
日本人を含むすべての入国者に求めてきた
陰性証明書の提出が
免除されることになったとのことです。

これでイタリアから日本への一時帰国の時も、
わざわざPCR検査をする必要がなくなって
ずいぶん楽になるな〜😊

とかなり喜んでいます。

今回その他にも、
一日当たりの日本への入国者数の上限が、
これまでの2万人から5万人に引き上げられたことや、
観光目的の外国人の入国も
添乗員を伴わないツアー参加での
入国ができるようになったようです。

でもですね・・・・💦

これってまだまだかなり厳しいですよね・・・?

観光目的の場合は、
団体の手配旅行でなければいけない、
個人旅行はダメ、
航空券や宿泊先も個人で自由に手配できず、
旅行会社が手配しなければいけない、
となるとどうしても
コストが嵩むのは明白です。

極め付けは、
今までイタリア人は
3ヶ月の観光目的の滞在なら
日本入国の際にビザの取得は必要なかったのですが、
まだ9月7日以降も
ビザを取得しなければ入国できない、
ということです。

ということは・・・
イタリア人が日本に行きたい‼️

と思っても、
すぐにはいけないことになりますよね。

まず旅行会社のツアーに参加、
もしくは旅行会社で航空券とホテルを手配し、
ビザを申請。
ビザが降りれば行けるけど、
降りなければ行けない、
こんな感じになるでしょうか。

実際、私の周りにも
日本に行きたいという人が多くいるのですが、
こんな厳しい条件じゃ
ハードルが高すぎて、
行く気が失せると思いませんか_=?😲

少なくとも私だったら、
「まだ時じゃないよね。もう少し待とう・・・😭」
と思って行くのを諦めると思います。

特に西洋人は管理されるのが嫌い、
自分で好きなように行動したい、
という人が多いので、
これだと日本に行く人は
まだまだ少ないのではないでしょうか・・・。

変わってローマでは、
もう去年の夏くらいから
ヨーロッパからの観光客は完全に戻ってきています。
今年の春以降は特に
アメリカ人観光客も大勢押し寄せ、
完全にコロナ前と同じような状況になっています。

イタリア国内を見ても、
都市によっては
2019年を越す観光客数
だということが最近ニュースになっていました。
街中では
マスクをしている人はほぼ見かけませんし、
もはやコロナは
過去の事のような感覚になっています。
喜ばしいことです😊

もちろん、日本とイタリアでは
考え方の違いや慎重度合いの違い、
国民性の違いなどもあるとは思いますが、
このままだと
縛りなく観光客が日本に自由に行けるのは
いつになるんだろう・・・と
ちょっと気が重くなりました😢

写真はナヴォーナ広場近くのカフェです。
朝オープン直後の早い時間で
まだお茶をしている人はいませんでしたが、
お昼や夕方の賑わう時間帯に行くと、
いつも満席で、
大勢の観光客でごった返しています。

こちらからのご注文で送料無料!

イタリアで携帯

イタリア特集最新号

madame FIGARO japon 2019年11月号:『しあわせになるイタリア旅』

地球の歩き方 『2020-2021最新号』

Crea Traveller Summer 2019:『ダ・ヴィンチ没後500年記念版』

ソワニエ+ Vol.61 2020年5・6月号 『特集:イタリア料理』

CREATraveller完全保存版 アマルフィ海岸とトスカーナ「最も美しいイタリアへ」

イタリア関連オススメ本

ローマ美食散歩:ローマで美味しいものを食べるための必見本!

フィレンツェ美食散歩:フィレンツェでぜひ食べたいもの満載の美食バイブル

イタリア全国スローフードな旅ガイド

イタリア旅行をさらに極める!『一冊で分かるイタリア史』

太陽と海とグルメの島 シチリアへ:シチリア島旅行のヒントが満載

『イタリア 24の都市の物語』歴史を知って街を知る、旅を豊かにする一冊

『ことりっぷ イタリア最新版』:地元女子気分でのおさんぽから、ちょっぴり贅沢なレストランまで、女性に向けた海外ごほうび旅のガイドブック

イタリア無料Wi-Fi特集

  1. WIFI
  2. WIFI
  3. WIFIルーター
  4. スマホ
  5. ミラノのWIFI

ローマお勧めアパート

Capranica

ローマから車で1時間の中世の町、カプラニカにあるカントリーハウスを貸し出し中です。温泉やエトルリアの遺跡、中世の小さな町が点在する魅力的なエリアです。緑に囲まれたイタリアの田園生活を体験してみたい方にぴったりです✨

Roma-to-Firenze

2022年1月現在、オーナーのフランカさんの都合により一時予約受付を中止しています。また再開次第ご案内させていただきます。

格安旅で節約しよう!

  1. ローマパス
ページ上部へ戻る