カプラニカの義父が前立腺がんの宣告を受けました・・・

2021-9-14

カプラニカ

今日はちょっと悲しいニュースです・・・🍂

いつもこのコラムを読んでくださっている皆様は、
投稿にその姿が何度も登場したのでご存知だと思いますが、
8月半ばにカプラニカの義父が前立腺がんの宣告を受けました。

それまで義父はとても元気が良く、
毎年一度の検診でも全く問題がないと言われていたのですが、
2度目のワクチン接種から急に調子が悪くなり、
5月半ばからさまざまな検査を受けた結果、
前立腺のがんだということが判明したんです。

このニュースを聞いたとき、
一瞬信じられませんでした。
確かに81歳とご高齢ではありますが、
毎日朝早くから畑に出て、
季節の野菜や果物を手入れし、
鶏やガチョウ、七面鳥や野うさぎなどの家畜のお世話もしていました。

田舎で年金生活をのんびりと暮らしている、
というイメージとはほど遠く、
田舎の生活は本当にすることが多くて、
毎日元気にあくせくと働いていたにもかかわらず、です。

5月ごろから調子が悪かったので、
ずっと親戚皆で心配していたのですが、
一向に体調が良くならないので、
8月の半ばに急遽入院が決まり、
入院中に行った様々な精密検査の結果が前立腺がんでした。

前立腺がんのことはあまりよく知らなかったので、
貪るようにネットで情報を調べました。
前立腺がんは、
高齢の男性にとても多いということは知っていましたが、
日本人を含むアジア系の人種では、
発生率がなんととても低いのだそうです。
ただ、アジア系の人種の人が欧米で生活をすると、
発生率が上がることから、
食習慣の違いではないかという研究結果があるそうです。
そんなことは全く知りませんでした。

幸い夏休みのヴァカンス中だったということもあり、
義父が入院中には私たち夫婦もずっとカプラニカに滞在し、
毎日車で往復1時間半の病院を行き来しました。
義父がいないカプラニカはとても静かで、
草木もちょっぴり悲しげでした。

その後、診断結果が分かり、
一時的に退院したのですが、
まだ前立腺がんの専門医との初診が終わっていません・・・💧

別の大きな病院になるのだとか。

イタリアの公共の医療機関では、
診察の予約が1ヶ月先、といったことはザラで、
義父も前立腺がんだということは分かったものの、
これからどのような治療をしていくのか、
手術はするのか、しないのか、
どんな薬を飲んで、
どのようなスパンで病院を訪れることになるのか、
などこれから先のことが全くわかっていません。

そんなわけで、
今後は私自身も
カプラニカとローマの自宅を往復する生活となりそうです。
更新が滞ることもあるかと思いますが、
温かい目で見守っていただけると嬉しいです。

こちらからのご注文で送料無料!

イタリアで携帯

イタリア特集最新号

madame FIGARO japon 2019年11月号:『しあわせになるイタリア旅』

地球の歩き方 『2020-2021最新号』

Crea Traveller Summer 2019:『ダ・ヴィンチ没後500年記念版』

ソワニエ+ Vol.61 2020年5・6月号 『特集:イタリア料理』

CREATraveller完全保存版 アマルフィ海岸とトスカーナ「最も美しいイタリアへ」

イタリア関連オススメ本

ローマ美食散歩:ローマで美味しいものを食べるための必見本!

フィレンツェ美食散歩:フィレンツェでぜひ食べたいもの満載の美食バイブル

イタリア全国スローフードな旅ガイド

イタリア旅行をさらに極める!『一冊で分かるイタリア史』

太陽と海とグルメの島 シチリアへ:シチリア島旅行のヒントが満載

『イタリア 24の都市の物語』歴史を知って街を知る、旅を豊かにする一冊

『ことりっぷ イタリア最新版』:地元女子気分でのおさんぽから、ちょっぴり贅沢なレストランまで、女性に向けた海外ごほうび旅のガイドブック

イタリア無料Wi-Fi特集

  1. WIFI
  2. WIFI
  3. WIFIルーター
  4. スマホ
  5. ミラノのWIFI

ローマお勧めアパート

Capranica

ローマから車で1時間の中世の町、カプラニカにあるカントリーハウスを貸し出し中です。温泉やエトルリアの遺跡、中世の小さな町が点在する魅力的なエリアです。緑に囲まれたイタリアの田園生活を体験してみたい方にぴったりです✨

Roma-to-Firenze

2022年1月現在、オーナーのフランカさんの都合により一時予約受付を中止しています。また再開次第ご案内させていただきます。

格安旅で節約しよう!

  1. ローマパス
ページ上部へ戻る