ヴァチカンがコロナ禍で枢機卿の給料10パーセント削減を決定

2021-3-24

長引くパンデミックの影響を受け、
ローマ法王が、
枢機卿をはじめとする
ヴァチカンのすべての宗教者の
給与を削減することを決定したそうです‼️

このヴァチカン全体の支出の見直しによって、
彼ら枢機卿の給与
(最近まで約5万ユーロだったと確認されているようです)が
10%削減されることになります。
その他のレベルの聖職者や職員なども、
全体的に3%から8%の減給だそうです。

パンデミックによって悪化した財政危機を考慮して、
フランシスコ法王が決断されたとのことで、
対象となるのは、
ヴァチカン市国総督府、
その他の関連組織の職員全てです。
上位者には給料に加えて、
年功序列ボーナスもあったようですが、
これらのボーナスも停止されるそうです。

そもそも、
聖職者に給料があったこと自体
知らなかったのでびっくりですが、
10%削減と言っても、
枢機卿には年間5万ユーロ支給されていたのだとすると、
月に換算すると4167ユーロ
(本日のレートで約53万5千円程度)。
そこから10%を引いたとして、
月3750ユーロ
(本日のレートで約48万2千円程度)
の給料がもらえるんですね・・・😅

ヴァチカンの方々は
聖域内での経費(住居費、食費、税金など)も
全く払わないはずなので、
生活自体にかかる経費はないはずですよね。
だとすると、
案外結構な額だな・・・
と思ったのは私だけでしょうか。

フランシスコ法王は、
「経済的に持続可能なヴァチカン市国の未来のためには、
今日、バチカン職員の給与に関する措置を
講じる必要があります」と、
指摘されているそうです。

確かに、コロナ禍の2020年、
ヴァチカンの収益はかなり減ったはず・・・。
ヴァチカン美術館の世界中からの訪問者の
入場料などによる収入だけでも
相当な額だったということを考えると、
このような措置もしょうがないのかもしれません。

実際、20121年のヴァチカンは、
30%の収入減により、
5,000万円の「赤字」をとなると予想されています。
イタリア政府の収支に比べると天と地の差ですが、
それでも、
ヴァチカンが赤字になったということ自体が
歴史的なことなのかもしれません。

参考記事

こちらからのご注文で送料無料!

イタリアで携帯

イタリア特集最新号

madame FIGARO japon 2019年11月号:『しあわせになるイタリア旅』

地球の歩き方 『2020-2021最新号』

Crea Traveller Summer 2019:『ダ・ヴィンチ没後500年記念版』

ソワニエ+ Vol.61 2020年5・6月号 『特集:イタリア料理』

CREATraveller完全保存版 アマルフィ海岸とトスカーナ「最も美しいイタリアへ」

イタリア関連オススメ本

ローマ美食散歩:ローマで美味しいものを食べるための必見本!

フィレンツェ美食散歩:フィレンツェでぜひ食べたいもの満載の美食バイブル

イタリア全国スローフードな旅ガイド

イタリア旅行をさらに極める!『一冊で分かるイタリア史』

太陽と海とグルメの島 シチリアへ:シチリア島旅行のヒントが満載

『イタリア 24の都市の物語』歴史を知って街を知る、旅を豊かにする一冊

『ことりっぷ イタリア最新版』:地元女子気分でのおさんぽから、ちょっぴり贅沢なレストランまで、女性に向けた海外ごほうび旅のガイドブック

イタリア無料Wi-Fi特集

  1. WIFI
  2. WIFIルーター
  3. スマホ
  4. ミラノのWIFI
  5. フィレンツェのWIFI

ローマお勧めアパート

Capranica

ローマから車で1時間の中世の町、カプラニカにあるカントリーハウスを貸し出し中です。温泉やエトルリアの遺跡、中世の小さな町が点在する魅力的なエリアです。緑に囲まれたイタリアの田園生活を体験してみたい方にぴったりです✨

Roma-to-Firenze

2020年5月23日現在、オーナーのフランカさんの都合により一時予約受付を中止しています。また再開次第ご案内させていただきます。

格安旅で節約しよう!

  1. フィレンツェ
ページ上部へ戻る