クリスマスツリーはいつまで飾るのが常識?

 

あまり知られていないのですが、イタリアでは毎年12月8日 の祝日(聖母無原罪の御宿りの日)にクリスマスツリーを飾るのが一般的な家庭の習慣になっています。日本ではクリスマスシーズンが終わるとすぐに街中にしめ縄や飾り餅などのお正月商品が街を賑わし、まるでクリスマスなど存在しなかったかのように一瞬にして、街の雰囲気ががらっと一変しますが、イタリアでは12月8日にクリスマツリーを飾った後も、1月6日の公現祭(エピファニア)の祭日までそれぞれの家庭でツリーを楽しみます。

もともとはイエスの誕生の記念として祝われていた1月6日の公現祭は、東方の三賢人がイエスに贈り物を持って遥々国を超えイエスの誕生を祝いに来た、という言い習わしから、現在も、イタリアでは12月25日から1月6日までの12日間が降誕節としてイエスの誕生を祝う期間とされています。そのため、クリスマスツリーも1月6日まで楽しめるというわけなのです★

ちなみに、イタリアでは子どもたちはこの公現祭の日にプレゼントをもらうのが一般的でした。現在は、サンタクロース知名度普及(?)もあり、12月25日にプレゼントをもらう子どもがほとんどですが、大抵の家庭では、1月6日にもプレゼントを用意しているようです。処違えば習慣も全く違い、面白いですよね♪



 

 

 

 

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someonePrint this page

rika

投稿者プロフィール

2003年イタリア人と結婚後イタリアに移住。日本とイタリアでテレビ業界並びに現地企業でのエグゼクティブ・アシスタントの仕事を経て、独立。現在はフリーランスで様々な分野のコーディネーターとして活躍中のフォルミカ理香です。イタリア語、スペイン語、英語堪能な帰国子女。旅行、食べること、ルブタンの靴が大好き。ちょっと可愛いユニコーンのアイテムをコレクションしています。現地在住ならではのディープなイタリア情報を発信中。

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ローマお勧めアパート

Roma-to-Firenze
2016年9月29日現在、オーナーのフランカさんの都合により一時予約受付を中止しています。また再開次第ご案内させていただきます。

格安旅で節約しよう!

  1. megabus 3
  2. イージージェット
  3. ウィズエアー
ページ上部へ戻る