日本と全然違うイタリア人にとってのサッカー

イタリアといえば、世界中から指折りの実力を持つ選手が集まる世界最高峰のプロサッカーリーグ、セリエA。ACミラン、ローマ、ユヴェントス、インテル、ジェノアなど、長い歴史のあるプロサッカーチームが毎年スクデット(リーグ優勝)を賭けて白熱の試合を繰り広げます。熱狂的なファンにとってもシーズン中は命がけ(笑)。毎週試合の時間になると近所から罵声やうなり声、ゴールを入れた瞬間などには轟きのような奇声、ラッパを吹きならす音、車のクラクションがあちこちから聞こえてきます。初めはあまりにも激しいので、正直びっくりしてしまいましたが、もう随分慣れてしまいました・・・ここまで熱狂的ファンになれるスポーツを持つイタリア人男性が本当に羨ましいです。^_^ 今回はイタリア人にとって、サッカーとは何なのか?ということを考察してみたいと思います。

 

       サッカーとは自己のアイデンティティー、思想を投影するスポーツである

私がイタリアへ移住して、一番びっくりしたことは、サッカーに対する熱狂度、愛情もさながら、多くのイタリア人男性が自分の応援するサッカーチームに自己のアイデンティティーや思想を重ねているところです。例えば、ローマには、ローマを本拠地とするローマとラツィオという二つのチームがあります。同じローマに生まれ住んでも、ローマファン、ラツィオファンは全くタイプが違います。長年この土地に住んでいると、「あ、この人はローマファンだな」とか、「彼はラツィオファンに違いない」ということが感覚的に分かってくるのですが、「感覚的」というところがみそで、数で言えばローマには圧倒的にローマファンが多数で、ラツィオファンはどちらかというと、ローマと言うには少し距離的に遠いローマ近郊の町の住民や、ローマ市内に住む少しスノッブな人々が大多数を占めているような気がします。確かに、ローマで生まれ育った生粋のローマっ子にしてみれば、ローマファンであることは自然なのかもしれませんが、「私はローマ出身です」と言うにはちょっと田舎者(?)の人々にとってみれば、ネーミングからして広範囲を扱うラツィオファン(ローマはラツィオ州の州都です)になるのも自然な流れなのかもしれません。両チームではファンの服装や政治的思想の傾向も少しずつ変わってきます。ローマはどちらかというと左派、服装もカジュアル、一般的な階級のローマ市民が多いのが特徴で、代わってラツィオファンはどちらかといえば右派、服装はキレイめ、少し階級が上のローマ市民が多いという傾向があります。もちろん、両チームのファンはいつもいがみ合っています・・・。ダービー戦などで、負けた方のチームのファンは翌日会社や日常生活の中で相手側チームのファンに向ける顔がないので、いつもしょぼんとしています。分かりやすいですね。逆に勝った方のチームのファンは意気揚々、相手チームを馬鹿にする発言を繰り返します。こんなことが繰り返されるのがイタリアという国です。

                 何故そのチームのファンになるのか

多くのサッカーファンに「何故●●チームのファンになったの?」と聞くと、高い確率で帰ってくる答えが「お父さんが●●チームのファンだから。」というもので、多くのファンは世代を超え、父親、さらには祖父の代から代々家族の伝統として引き継がれています。家族全員同じチームのファン、というのはイタリアでは普通のことで、父親や祖父がクリスマスプレゼントや誕生日プレゼントに息子や孫にその家族がサポートするチームのグッズやプレゼントをする光景も嫌という程よく見られます。そのチームのファンである、ということは、家族の伝統であり、自分が育った環境を思い起こされる個人のアイデンティティーとなっているのです。

ローマ サッカーボール

祖父の代からローマファンの家庭で育った甥っ子に、彼の父親が買い与えたローマのサッカーボールです♪子どもたちはみんなこういったプレゼントを受け取りながら育っていきます。

                 チームへの応援は郷土愛の表れ!

また、そのチームを応援するということは、チームが所属する都市、要は自分が生まれ育った街への郷土愛を表現する、ということでもあります。例えば、ローマファンであれば、自分たちの生まれ故郷、ローマという古代都市への深い愛情、ローマ人であるということへのゆるぎない誇りと自信を、ローマというチームを応援することで表現する、とでも言うのでしょうか。勝敗がこんなに重要なのは、ただ単にゲーム的な要素からだけではなく、自分たちのローマ人としてのプライドをズタズタにされる、ということなのです!!それは、どこのチームのファンでも同じことです。同じような家族背景や郷土愛を持って心底チームを応援していますから、負けようものなら、自分がこきおろされたような悔しさ、惨めさが込みあげてくるのです!!そりゃあ必死になりますよね。笑))よく試合中に、白熱したファンが「だからお前はダメなんだ!!!」とか、「なんでお前はいつも同じ所でコケルんだ!!!」とか「お前にかあってるんだ!!グズグズするな!!」など失敗した選手に対して叫んでいる姿を目にしますが、その姿はまるで、「ダメな自分」、「出来ない自分」に対する日頃の行きどころのない怒りをぶつけているかのように見えることもあります。

 

ローマ サポーター クラブ

ローマ市内各地に点在するサポーターズクラブ。写真は、テスタッチョの市場近くのクラブです。熱狂的なサポータが集う場となっています。このようなクラブ内では日々熱いサッカー論がサポーターによって繰り広げられます。

。。。

というわけで、イタリア人にとって、サッカーというスポーツがどんなに大切なものか、イタリア人にとってサッカーがどういうものか、ということを考えてみました。

 

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someonePrint this page

rika

投稿者プロフィール

2003年イタリア人と結婚後イタリアに移住。日本とイタリアでテレビ業界並びに現地企業でのエグゼクティブ・アシスタントの仕事を経て、独立。現在はフリーランスで様々な分野のコーディネーターとして活躍中のフォルミカ理香です。イタリア語、スペイン語、英語堪能な帰国子女。旅行、食べること、ルブタンの靴が大好き。ちょっと可愛いユニコーンのアイテムをコレクションしています。現地在住ならではのディープなイタリア情報を発信中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらからのご注文で送料無料!

イタリアで携帯

イタリア特集最新号

CREA Traveller 2016年冬号「憧れのリヴィエラ。イタリア・奇跡の海岸へ」


ローマ美食散歩


CREATraveller完全保存版 アマルフィ海岸とトスカーナ 「最も美しいイタリアへ」

ローマお勧めアパート

Roma-to-Firenze
2016年9月29日現在、オーナーのフランカさんの都合により一時予約受付を中止しています。また再開次第ご案内させていただきます。

格安旅で節約しよう!

  1. ヴエリング スペインの格安航空会社
  2. Roma pass
  3. モナークエアライン
ページ上部へ戻る