ローマから行ける日帰り温泉案内:詩人ダンテも浸かったテルメ・デイ・パーピ

ローマから日帰りで行ける温泉、テルメ・デイ・パーピ

テルメ デイ パーピ ビテルボ外観

温泉リゾート、テルメ・ディ・パーピの正面玄関口
 

ローマ法王やダンテも浸かったテルメ・ディ・パーピの場所

イタリアと言えば、映画、テルマエ・ロマエでも紹介されていましたが、日本のように古く由緒正しい温泉文化のある温泉大国です。その様式と入浴スタイルに大きな違いこそありますが、温泉好きなのはイタリア人も日本人も同じです。

イタリア半島は、日本と同じ火山国だけあり、良質なお湯が湧き出る温泉地(イタリア語ではテルメと呼びます)が数百か所以上もあり、一帯には温泉リゾートホテルが無数にあります。

今回は、ローマから日帰りで行ける温泉リゾート、テルメ・ディ・パーピを紹介します。テルメ・ディ・パーピは、ローマからおよそ114キロ北のヴィテルボ近郊にあり、直訳すると「法王たちの温泉」という名の通り、かつてローマ法王たちが度々治療や静養に訪ずれたことに由来しているそうです。なんと、あの詩人ダンテもこのお湯につかったのだとか!あのダンテと同じお湯につかれるなんて、さすがイタリア。ちょっと興奮しますね。

 

ヴィテルボ テルメ・デイ・パーピ 温泉

施設利用の受付窓口。こちらで入場券を購入します。
 

テルメ・デイ・パーピの施設、営業時間

この温泉の特徴は、湯量が豊富なことと、源泉かけ流しスタイルであることです。特に皮膚病、呼吸器官、関節炎に効用があるそうです。私も時々行くのですが、ここのお湯につかると、角質の溜まったかかとが一度でびっくりするほどつるつるになります。れっきとした医療施設としても認められているため、医者が常駐しており、サウナを利用する際には事前の即席検診が義務付けられています。また、温泉施設内には2,000平米にも及ぶプール形式の屋外の温泉、自然洞窟のサウナ、アロママッサージや火山湖の泥パックができるエステ、レストラン、BAR、ホテルも完備しています。

営業時間は、朝の9時から午後7時まで。土曜日の特別夜間営業が行われている期間は、夜9時から深夜1時まで営業しています。基本的に定休日は火曜日ですが、火曜日が祭日の場合は翌営業日に振り替えされるので注意が必要です。

 

テルメ・デイ・パーピ イタリアの温泉

屋外の温泉プール。ちょっとクラシックな雰囲気が素敵です。
 

テルメ・デイ・パーピのお勧めコース、料金、持ちものなど

屋外の温泉プールのみの利用もできますが、私の個人的なお勧めは、何と言っても、「TERME ROMANE」の1デイコースです。以下のすべてが利用でき、30ユーロと大変お得です。担当の方によると、この順番で次々とこなしてゆくのが最も効果的なのだとか。名物自然洞窟のサウナは必見です!ぜひトライしてみることをお勧めします。温度がかなり高いので、洞窟に入る前に、ひとまず手前の温度調整ルームで体温を調整をするのを忘れずに。

●自然洞窟サウナ
●リラックスルームでの全身保温ラップ(ベッドに横になり、担当のスタッフが全身を保温ラップで包んでくれます。)
●腰湯ジェット(ジェットが噴出する桶の中を歩きながら冷水と温水を交互に行き来し、腰、脚全体をマッサージします)
●屋外の温泉プール

持ちものとしては、温泉施設内を歩き回る際に便利な薄手のバスローブ(濡れてもいいもの)、一日が終わった後シャワー後に更衣室で使用するタオル、ビーチサンダル、女性の方は髪留めなどがあると便利です。

 

テルメ・デイ・パーピ 自然洞窟サウナ

自然洞窟のサウナ内はこんな感じです
 

通常屋外の温泉プール入場だけでも平日12ユーロしますので、このワンデイコースはとってもお得です。私も毎回必ずこのコースです。受付でPERCORSO TERME ROMANE(ぺルコルソ・テルメ・ロマーネ)と言って入場券を支払ってください。このコースでは、高温のサウナを利用することになるため、専属医の即席検診が義務付けられています。入場券を購入した後、待合室で番号札を取って、検診の順番を待ってください。

また、このワンデイコースを利用すると、通常の温泉利用客用の更衣室ではなく、ホテル宿泊客専用の更衣室が利用できます!温泉利用客用の更衣室は込み合っていたり、ごちゃごちゃしているのですが、こちらの、ホテル宿泊客専用の更衣室は、大理石でトイレ、シャワー付。式の専属ロッカーもあります。ちょっぴりリッチな雰囲気です。ぜひ試してみてくださいね!

 

テルメ・デイ・パーピへの行き方

シャトルバスで行く

ローマのPiazza Manciniから往復シャトルバスのサービスがあります。(月曜日~土曜日のみ)
ローマ発:8.30 便、14.30 便の2本
Terme dei Papi出発:13.15 便と18.00 便の2本
料金:往復8ユーロ
所要時間:片道約1時間半
インフォメーション専用電話:+39 0761 350390

プライベートツアーで行く

テルメ・デイ・パーピへはシャトルバスで行くのが一番安く済むのですが、テルメ・デイ・パーピが運航しているシャトルバスは一日2本しかなく、朝8時半にローマを出て到着するのは10時前、出発は午後2時半と、時間が少しタイトなので、丸一日ゆっくりと温泉リゾートで過ごしたい、という方には不向きです。以下はイタリアざんまいがプライベート送迎手配会社とのパートナーシップにより運営しているエージェントです。テルメ・デイ・パーピへは大人気の天空の町、チヴィタ・ディ・バーニョレ-ジョと合わせて訪れることのできる一日ツアーが人気です。全てのお問い合わせ、ご予約に日本語で対応させていただいておりますので、お気軽に日本語でお問い合わせください。

イタリアざんまいツアー

 

テルメ・デイ・パーピ詳細データ

Terme dei Papi

住所:Strada Bagni, 12, 01100 Viterbo VT
電話番号:+39 0761 3501
Fax:+39 0761 352451
Eメール: info@termedeipapi.it
URL:www.termedeipapi.it/
営業時間:09,00 – 19,00
土曜日の特別夜間営業 – 21,30 – 01,00
定休日:火曜日(火曜日が祭日の場合は翌営業日に振り替え)
最新の入場日カレンダーはこちらからチェックできます → http://www.termedeipapi.it/index.php?zn=piscina&lang=eng
入場料:平日 € 12,00 – 祭日前日 € 18,00 – 祭日 € 18,00 – 子供 € 8,00 – 土曜夜間利用 € 20,00

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someonePrint this page

rika

投稿者プロフィール

2003年イタリア人と結婚後イタリアに移住。日本とイタリアでテレビ業界並びに現地企業でのエグゼクティブ・アシスタントの仕事を経て、独立。現在はフリーランスで様々な分野のコーディネーターとして活躍中のフォルミカ理香です。イタリア語、スペイン語、英語堪能な帰国子女。旅行、食べること、ルブタンの靴が大好き。ちょっと可愛いユニコーンのアイテムをコレクションしています。現地在住ならではのディープなイタリア情報を発信中。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

    • あい
    • 2015年 3月 17日

    早速のご返信ありがとうございました。検討してみます!!

    • rika
    • 2015年 3月 13日

    こんにちは、あいさん。ブログ拝見して頂きありがとうございます。最近忙しくて更新できていないのですが(汗)、少しでもお役に立てれば嬉しく思います_。

    さて、テルメ・デイ・パーピまでのプライベート送迎ですが、4名様でご利用の場合、メルセデス・ベンツ ミニヴァンタイプで片道216ユーロ(ゆったりとご乗車いただけます)メルセデス・ベンツ、もしくはBMWのセダンタイプで片道192ユーロとなります。(助手席に1名様、後方座席に3名様となりますので、多少狭く感じられるかと思います。)尚、スタンダードタイプのスーツケースが4個ある場合にはセダンタイプには入りませんのでミニヴァンタイプをご利用いただくことになります。両タイプの車両共に専属ドライバー、無料WIFIがご利用いただけます。

    その他不明な点がありましたら、何でもご遠慮なく聞いてくださいね。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    • あい
    • 2015年 3月 13日

    @rika
    こんにちわ。ブログを拝見しました。是非行きたいと思います。日帰りで行くことを検討しています。日帰りなので ゆっくりしたいと思います。そちらの そちらの プライベート送迎をお願いした場合 4名 おいくらになりますか? 片道でもよろしいのですか?
    よろしくお願いします。

    • MAKIKO GOTO
    • 2015年 2月 06日

    早速のお返事本当にありがとうございました。
    午後1時15分発でも戻れるのですね。。
    2週間イタリアにいる予定ですが、
    ローマでの一週間、結構あちこちいろんなところに行きたかったので、
    日帰りで行けるのなら、日程に余裕ができるので
    助かりました。
    前回のイタリアは、団体旅行でしたので、
    駆け足でとおりましたので、
    今回は、ちょっとゆっくりしたいと思っておりました。、
    本当に現地に行かないとわからない
    ことばかりでしたので、助かりました。
    ありがとうございました。
    RIKAさんのブログの中のいろんなことがとても参考になります。

    • rika
    • 2015年 2月 06日

    こんにちは、MAKIKOさん★ 

    コメントありがとうございます!
    ワンデイコースは、本当にお勧めです。持っていくものは水着、タオル、スリッパ、薄めのバスローブがあると便利だと思います。ワンデイコースを選択した場合、更衣室はホテルの客専用のリッチな更衣室を使えるのですが、更衣室から洞窟サウナやテルメ、館内の移動の際にバスローブがあると水着一枚でうろうろする必要がなく便利ですよ。大体皆バスローブ&MYスリッパといういでたちで館内をうろうろしています。すべてテルメ館内の売店でも購入できますが、やはりお値段が高めになっています。持参するのがベストではないでしょうか。

    ローマから日帰りで行く場合は、Piazza Manciniから朝8時30分発のバスに乗り、9時半~10時ごろ現地到着、帰りの13時15分発のバスでローマへ戻るのが一番効率が良いかと思います。でなければ、現地で一泊となります。現在は18時30分発のバスは土曜日しか運行していないそうです。テルメ・デイ・パーピにはほてるまるので、おそらく宿泊客確保の為に便数をわざと減らしているんでしょう。笑)チケットはバスの運転手から往路に往復券を直接買えますよ。(どうしても日帰りで一日ゆっくりしてローマにも戻りたい場合には、プライベート送迎車も私のエージェントで手配できます。)

    それでは、エンジョイしてくださいね~。

    • MAKIKO GOTO
    • 2015年 2月 06日

    ITARIA
    ZANMAI さんのブログ拝見いたしました。
    私も、3月1日にテルメ ディ パーピにまいりたいと思っていろいろ参考にさせていただきました。
    少し質問があるのですが、お答えしていただけますか?
    ワンディーコースを利用したいお思っていますが、何をもっていけばよいでしょうか?
    水着、ローブ、スリッパとかかいるのでしょうか?
    ローマからまいりますが、日帰りは可能でしょうか?
    ワンディーコースを利用した場合、。18時発のバスに乗るのは可能でしょうか?
    それから、往復のシャトルバス券をどこで購入するのでしょうか?
    お教えいただければ幸いです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらからのご注文で送料無料!

イタリアで携帯

イタリア特集最新号

ELLE JAPON (エル・ジャポン) 2016年 11月号 イタリア総力特集号【イタリアに夢中!】


ELLE JAPON (エル・ジャポン) 2016年 11月号 トラベルサイズ【イタリア・グルメの旅】

FIGARO VOYAGE vol.35 ミラノ、ヴェネツィア、北イタリア巡り。(美食もアートも手仕事も! )【イタリア旅行ガイドブック】


ローマ美食散歩:ローマで美味しいものを食べるためのバイブル!


CREATraveller完全保存版 アマルフィ海岸とトスカーナ 「最も美しいイタリアへ」

ローマお勧めアパート

Roma-to-Firenze
2016年9月29日現在、オーナーのフランカさんの都合により一時予約受付を中止しています。また再開次第ご案内させていただきます。

格安旅で節約しよう!

ページ上部へ戻る